大阪泉州(熊取町・泉南市・阪南市・貝塚市・岸和田市・泉南郡田尻町)の泉佐野市英会話教室"Giテック"は、こちらをクリック!

泉佐野・熊取・貝塚・泉南の英会話教室のスマートフォンサイトはこちら

2005-11-26 Sat

□もしも:こんなブログサービスがあったら・・・

視力に不自由のある人は、インターネットのWebサイトを、スクリーンリーダーなどの読み上げソフトで、内容を聞いている・・・・といったことは、よく知られた事実です。

ならば、ブログにおいてはどうでしょう?
ブログを訪問して記事を読む分には、普通のWebサイトと同じように、読み上げソフトで読めばいいだろうし、読み上げソフトとRSSリーダーを連動させることができれば、新着記事をタイムリーに確認できそうです。(既に、こういう連動があるのかどうか知りませんが・・・)

ブログ記事を読むよりも、ブログ記事のアップロード、コメントの交換、トラックバック、といったブログ独特の操作を、なんらかのアドオンソフトによる音声操作で行うことって、結構面倒な気がします。

むしろ、現存するブログサービスになんらかのソフトと連動させる、アドオンさせるといった付加的な対処ではなく、「音声で全ての機能が完結する」というブログサービスを企画してはどうかなぁ・・・と思ったりします。
記事は、全て音声。コメントも音声。トラックバックは・・・どうしよう?(汗)
もちろん、記事の投稿・編集・カテゴリ設定といった管理機能も、音声応答で全て実装します。この辺は、電話におけるIVRのような操作性になるのかなぁ・・・。

最近では、音声そのものをアップロードしているWebサイトもあるそうです。ブロードバンドがそれだけ普及したからでしょう。ならば、こういった音声のみのブログサービスがあってもいいのかなぁ・・・。

どうなんでしょ?

ま、ふと浮かんだ考えを、乱雑に書き留めただけですので、細かい技術的なツッコミや、『既に、こんなサービスあるでぇ!』という情報があれば、コメントしてください。(^^♪
posted by Prowler7010 at 22:16 | Comment(6) | TrackBack(0) | □もしもシリーズ
この記事へのコメント
RSSリーダーは、視覚障害者向けのものが既にあります。ただし、「リーダー」なので、文字通り読むだけですがね。
問題は、やっぱり書き込みです。
それは、Internet Explorerを駆使していかないとなりません。

Prowler7010さんの音声で操作するというのは、なかなかユニークな発想だとおもうのですが・・・
今度は、聴覚障碍者さんたちは、どうしましょう?と言う問題がでてきますねぇ。
Posted by ラム at 2005-11-27 Sun 09:05
次項有ラムさん:
そうなんですか。やっぱりあるんですね。>そういうRSSリーダー。
様々な種類の障碍がありますからねぇ・・・。音声認識技術がもっと高いレベルになれば、その辺はクリアされると思ったりして・・・甘い考えですけど。(汗)
音声入力により、音声のみのブログとテキストに変換されたブログの両方が自動生成される・・・・。
現存する技術の応用で、ある程度の水準のサービスは実装可能だと思うのです。ただ、そのサービスを営利目的では、誰もやらないだろうなぁ。(汗)
Posted by Prowler7010 at 2005-11-27 Sun 15:02
ある市議会議員が、下咽頭癌手術を受けて発声が困難になり『代読』による発言を認めるよう求めています。
合意案として、1回目はパソコンの音声変換を用いる、再質問はメモ書きを市職員が読み上げる、となりましたが、市議は1回目から『代読』を希望しているとか。
でも、代読は読み手の感情にも左右される恐れもあるのか、殆んど採用されていないらしいです。(鎌倉市では採用されているらしい)
こんな時、IT技術を駆使しての救済方法で、より良い方法があるといいですよね。
Posted by yahko at 2005-11-29 Tue 20:50
次項有yahkoさん:
代読ではなく、自分がPCに打ち込んだ内容が、そのまま会議室のスクリーンに投影されるような仕組みだといけないのでしょうか?こういうのは、聴覚障碍者の集まりで、よく見かけます。
これだと、機械だけ導入すれば、すぐ実現できます。人手もかかりません。ただ、微妙なニュアンスを表現するのは、難しいですね。
Posted by Prowler7010 at 2005-11-29 Tue 21:26
スクリーンに投影、シンポジウムでは時々見かけますよね。これが一般化したら点字のように普及するのでしょうが。
PCは、まだ年令によって拒否反応起こす人結構いますが、出来る人の為の道具ではなく、弱者にとっても実はとても便利で強い味方になり得るものなのだ、と言う社会風土も培っていく必要があると思います。
我が家の新電話は、ボタンを押すと数字を女声が反復してくれます。
音声によるナビゲーターが当たり前の今、便利さの片隅で、恩恵に浴せず、知らない人も存在するんですね。
微妙なニュアンスは『絵文字』は如何でしょうか?(^^ゞ
Posted by yahko at 2005-12-01 Thu 12:07
次項有yahkoさん:
え!?そんな電話機があるのですか!>反復機能。
ワシ、知らない人ですた・・・。(@_@;)
日本って、ホンマ絵文字が多いですよね。諸外国では、こんなに絵文字は無いらしいです。
でも、絵文字のおかげで、ある程度感情を表現できますもんね。(^^♪
Posted by Prowler7010 at 2005-12-01 Thu 20:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック