大阪泉州(熊取町・泉南市・阪南市・貝塚市・岸和田市・泉南郡田尻町)の泉佐野市英会話教室"Giテック"は、こちらをクリック!

泉佐野・熊取・貝塚・泉南の英会話教室のスマートフォンサイトはこちら

2006-09-11 Mon

○手記:ウェブ進化論

ウェブ進化論
ウェブ進化論

以前、知人から薦められて、読んでみました。Googleが如何にスゴイのか、Web1.0とWeb2.0の違いは何か・・・などなどが解説されています。

なるほどなぁ・・・Googleの社内では、こんな情報の共有の仕方をしているのかぁ。以前、IT会社勤務時代、課長をやってたとき(8年前)、ブログとか社内イントラネットが充実していなかったので、課内メンバーの週報(私が部長に提出する週報も含めて)を、メーリングリストで部下全員で共有したことがあったけど、基本的な考え方は同じやなぁ。

mixiは、サービス自体はWeb2.0だが、収益は単純な広告収入に依存しているので、ビジネスモデルはWeb1.0である

なるほど!おっしゃる通りですなぁ。

楽天などのアフィリエイトは、Web1.0であり、Googleのアドセンスは、Web2.0である・・・

Yeah! That makes sense!

さて、Web2.0の次は、Web3.0なのでしょうか?

どんな時代なんだろ?Winnyは、違法なファイル交換を誘発したけど、私としては、Web3.0という時代が来るとすれば、シームレスかつ安全なP2Pなのかなぁ・・・と思ったりします。
その昔、某研究所で、自立分散コンピュータというのが研究されていたのを記憶してます。P2Pにしろ、自立分散にしろ、当時および現在は、未成熟分野であり、新たなテクノロジーもしくはポリシーの登場により、Googleがそうであったように、新たなフラッグシップ企業が誕生するのではないでしょうか?(この本に書かれていましたが、オープンソースがなければ、Googleの台頭は困難だったはず。)
過去に登場した技術が当時市場・インフラが未成熟だったので、使いモノにならなかったけど、後で有用になったケースは結構あります。たとえば、ISDN。登場当初は技術だけがもてはやされましたが、一向に普及せず。インターネットが普及しだして、かなり流行した。・・・・けど、すぐにADSLなどのブロードバンドにとって代われてしまった。あぁ、可愛そうなISDN。
その他にも、ダイヤルアップ接続がまだ中心の時代に、常時接続を先取りしすぎた(意識しすぎた)ネットワークアプリケーションが多々ありました。(Windows95の頃) P2Pとかが、今まさにそういう類の技術なのかも?と素人ながら思うわけです、ハイ。

さらに・・・垂直分散から水平分散(ホストコンピュータからクライアント・サーバシステムへ)に、その昔トレンドが移行しましたよね?歴史は、繰り返す・・・のだとしたら、分散ネットワークであるインターネットというインフラではあるけれども、システムの中枢は、Webサーバ・アプリケーションサーバなどの「サーバ」に集中している。(昔のホストコンピュータのような感じ)考え方によっては、昔のTSS端末のような垂直分散に近いような気がするのです。ならば、物理的なネットワーク形態が分散(インターネットなど)した後は、アプリケーションの中枢が分散する・・・アマゾンがAPIを公開したように、ネットワークに接続されたコンピュータが、それぞれのアプリケーションエンジンを自立分散実装し、APIを公開する。まさに、インターネット自体が1個の分散オブジェクト・コンピューティング環境になる。いや・・・いまでも、その兆候はあるけれども、それがもっと多岐に尚且つ細かくネットワークに分散する形態・・・あれ????何を言ってるやろ?俺・・・?自分で何を書いているのか、ワケわからんよーになってきました。(自爆)
ま、既にIT業界とか関係ありませんから、お気楽な感じで妄想してみました。ひょっとしたら、過去にこんな記事をブログに書いたことあるかも?(笑)
タグ:Web2.0 web
posted by Prowler7010 at 05:49 | Comment(4) | TrackBack(0) | ○手記
この記事へのコメント
と、途中で置いてかれた・・・(妄想族長としてのプライドが・・・)

プログラムはわからないので、私はインタフェースの変化を通してwebの進化を見ているのですが。次に大波(web3.0?)が来るとしたら、どういうカンジなんでしょうかね。
なんとなーくですが、携帯も家電製品も企業WANもシームレスに繋がっているユビキタス社会にインターネットが完全に組みれてしまっている図をイメージしました。その時代には、「インターネット」という言葉自体が過去のものになっているかもな〜(笑)
Posted by わたりとり at 2006-09-11 Mon 23:35
次項有わたりとりさん:
なるほど。完全なるユビキタスですね。その基本となるのは、P2Pだと私は思うのです・・・。でも、ちょっと怖いなぁ・・・と思う時点で既に古い人間なんですね、私。(笑)
Posted by Prowler7010 at 2006-09-12 Tue 06:04
僕は、ユビキタス時代に必要不可欠なのが
IPv6だと思ってるんですけどねぇ。
なかなか波がやってこず、今どの辺を
ウロウロしてるんだか?

P2P時代はやってくるでしょうね。というか
もうそこまで来てますね。人々はサーバを
介さず、個人個人でデータのやり取りをする
んでしょうなぁ。その上に検索エンジンが
乗っかる感じでしょうか。今はWEBページだけ
やけど、全データを巻き込んでの。
でもやっぱそうなるとセキュリティの問題が。
これをどーするのでしょうね。
Posted by まつーら at 2006-09-12 Tue 10:39
次項有まつーらさん:
まいどです。(^^♪
なるほど、IPv6は必須ですよね。IPアドレスが絶対足りなくなりますから。
意外と・・・次は、もっとドラスティックな変動があるかも?インターネットでもなく、IPv6でもなく・・・。それは何?私は知りません。(笑)
Posted by Prowler7010 at 2006-09-12 Tue 17:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック