大阪泉州(熊取町・泉南市・阪南市・貝塚市・岸和田市・泉南郡田尻町)の泉佐野市英会話教室"Giテック"は、こちらをクリック!

泉佐野・熊取・貝塚・泉南の英会話教室のスマートフォンサイトはこちら

2006-04-15 Sat

◆主張:SNSとブログの将来について思ったこと

私は、去年(2005年)の1月から、日本で最も有名なSNS"mixi"を利用していますが・・・

昨日のサンケイ新聞を読んでいて・・・「ブログ、早や終焉」というタイトル一面に載っていたので、『なに?終焉?どういう意味や?』と思って、記事をよく読んでみると・・・

SNS利用者の伸びが、ブログ利用者の伸びを上回っており、今後はブログよりもSNSのほうが成長する・・・といった趣旨の記事でした。

(注)SNS:Social Networking Site

をいをい・・・(汗)

私の個人的見解では、『SNSとブログは別物。比べるものではない。』と思います。
『SNSとブログの普及率を比較する』ということは、『電話機とFAX機の普及率を比較する』というようなものです。
電話とFAXじゃ利用目的が違いますよね?だから、普及率を比較しても、全く意味がないことはお分かりいただけるはず。

では、SNSとブログの違いとは・・・・?

私は次のように思っています。

ブログは、「日記型簡易Webサイト」と紹介されることが多いですが、私は次のように思っています。

ブログとは、従来のWebサイトよりも、情報発信が容易で、かつ読者からの意見を受け入れることが容易であり、トラックバックにより、記事の関連性をダイナミックに構築することができる、新しいタイプのWebサイトカテゴリである。

それに対して、SNSは次のように思っております。

SNSとは、インターネット上のコミュニケーションツールの一つであり、個人の趣向・地域性など特定のキーワードを元に、人間関係の繋がりをダイナミックに構築して、新しい繋がりを期待させてくれるサイト。特に、個人のQOL向上に有効である。

要するに、ブログは情報の繋がりをサポートするものであり、HTMLを書くことなくWebサイトを構築できて、読者との意見交換もできる。主役は「情報(コンテンツ)」だと思うのです。
でも、SNSはの主役は「人」ですよね。

だから、ブログとSNSの普及率を比較するというのは無意味だと思ったのです。「会話を目的とする電話機」と、「紙の情報を配信する目的のFAX機」・・・全然違うものです。電話機とFAX機の普及率を比較して、『FAXの時代は終焉した。』といった記事を書きますか?>サンケイ新聞さん。(笑)

まぁ、私だけかなぁ・・・こんなことを思ったのは。

蛇足ですが・・・

その新聞記事には、『楽天・Yahoo!もSNSを開始。ECサイト、オークションサイトへの誘導を図り、相乗効果を狙う』といった趣旨のことが書かれていました。をいをい・・・ECサイトやオークションサイトに誘導されるような、SNSを使いたいと思う?わし、そんなSNS嫌やで。人の繋がりを期待して、SNSをやってるのに、商売に誘導されちゃかなわんなぁ。せいぜい、広告が表示されるだけにしといて。もし、Yahoo!や楽天などの後発SNSが、積極的に、SNSからECサイト・オークションサイトに誘導する仕組みを実装したら・・・そんなSNSは流行りません。間違いない。(笑)
Yahoo!のSNS(Yahoo!360度・・・というのでしたっけ?)は招待制らしいですが、Yahoo!の有料ユーザIDを持っている人は、無条件にYahoo!のSNSに加入できるそうです。ほんと?

話は飛びますが・・・SNSって、昔のNIFTY-Serve(パソコン通信)でサポートしていた「フォーラム」のようなコミュニティが沢山ありますよね。SNSが発展すれば、そのうち、NIFTYでやってたリアルタイムチャット・データライブラリや、また別のインターネット通信アプリ(Skype、インスタントメッセージなど)、ありとあらゆるものをSNSに取り込んでしまうような気がします。現在でも、場面に応じて、これらの別々のコミュニケーションをとることが可能ですが、PC初心者にとって、「このときは、このソフト。こういうときは、こっちのサイトをアクセス」という使い方って、敷居が高いと思うのです。ならば、SNSを提供する業者は、SNSの究極の姿として、『コミュニケーションポータル』を目指すのかなぁ?例えば『mixiにアクセスすれば、ネット上のコミュニケーションの全てが完結します。』といった感じ・・・Yahoo!が既にそういったほとんどの機能を実装済みですが、個々が独立しているように見えて、決して操作性に優れていると、私は思いません。

いかがでせうか?SNSの将来像が見えてきました?(笑)

ま、田舎のおっさんの戯言として、聞き流してください。(自爆)

| | |
posted by Prowler7010 at 18:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ◆おっさんの主張
この記事へのコメント
>SNSの将来像が見えてきました?
よく見えました(笑)

ブログは「情報つながり」でSNSは「人つながり」ていうのは私も感じていました。併用しているかたほど、そういうふうに使い分けているのでしょうね。
私が以前SNSを止めたのは、「人つながり」が重かったからです。さほど面白いと思えない文章を書くかたであっても、訪問されればお付き合いしないと不義理な気がして・・・で、人間関係維持に時間を費やしてしまう。
そういうつながりは、リアルで充分なんです^^;

SNSが、サービス内であらゆるツールを装備して『コミュニケーションポータルを目指す』ていうのは、納得!
あとはその「狭さ(対象の限定)」をどう克服するか、ですね。無理にしなくてもいいんですが、一部オープン(ログイン者でなくても参加できる)スペースを設けたりしたら、凄くいいと思うなぁ(妄想)
Posted by わたりとり at 2006-04-16 Sun 01:11
次項有わたりとりさん
まいどです。(^^♪
ナットクいただけて、メッチャ嬉しいです。(^^♪
なるほど。「人つながり」が重い・・・。そういうケースもありますよね。
外国のSNS(Myspaceなど)は、SNSのユーザでない人も、その人の日記を閲覧できるような仕組みにしています。ただし、コメントの投稿はユーザでないと見られません。
私のMyspaceのページをご覧ください。(^^♪
http://www.myspace.com/plow7010
Posted by Prowler7010 at 2006-04-16 Sun 19:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック