大阪泉州(熊取町・泉南市・阪南市・貝塚市・岸和田市・泉南郡田尻町)の泉佐野市英会話教室"Giテック"は、こちらをクリック!

泉佐野・熊取・貝塚・泉南の英会話教室のスマートフォンサイトはこちら

2006-02-28 Tue

◆主張:「つわり」無しで少子化対策って???

忙しいのに、ブログしている場合ぢゃないのですが・・・(^^♪
どうしても、主張したくなったので、久々に「主張ネタ」です。

昨日の某新聞に、

「もし、つわりを無くす方法があったら・・・」

という記事がありました。その記事によりと、妊娠経験のある大半の女性が、「つわり」を経験しており、もし「つわり」がなかったら、あるいは軽減されたら、『もう一人子供を産みたい』という希望を持っている人が多かったそうです。したがって、少子化対策の一つとして、「もし、つわりを軽減できたら、出生率を上げられるのでは?」という記事でした。

でも・・・・ほんとに、それでいいのかなぁ・・・私は(当り前ですが)妊娠した経験がありません。確かに「つわり」は大変みたいです。でも、「つわり」にしろ、「陣痛」にしろ、そういった「産みの苦しみ」も必要ではないのかなぁ、と思います。それを科学的に取り除いて、モノを大量生産するように、子供をバンバン産んで、出生率を上げる・・・想像しただけで怖い世の中です。(滝汗)

大体、この狭い日本に人間が多すぎるんですから、人口がある程度減るのは、私的には賛成です。もちろん、その減少過程において、年金政策その他もろもろの課題が山のように存在するでしょう。それを乗り切ることができた頃(私が死ぬ頃かなぁ・・・・?)、日本はちゃんとした先進国になるような気がします。今は、政治関連のニュース記事を見るたびに、日本に失望してばかりですが。(笑)

posted by Prowler7010 at 06:08 | Comment(7) | TrackBack(0) | ◆おっさんの主張
この記事へのコメント
つわりって、大変な人は大変で、ない人はないと母から聞きました。昔アメリカで陣痛の痛みを取り除くため全身麻酔で出産するブームがあったそうですが、やっぱりそれはよくないとのことで今はなくなったそうです。無駄に思える痛みにも意味があるのかもしれません。
Posted by ひろよし at 2006-02-28 Tue 16:41
少子化対策は色々模索されていますが、どれも決定打っていう方策は今のところありませんよね。
やはり、子ども1人につき月5万円、なーんて助成されたら効果あるかも知れませんが。
私は3人とも陣痛がとても軽かったですが、お産は、自身の感想では軽いとは思えませんでした。
しかし、お産を契機に自信がわき、女性は強くなるのは確かですね。
と言うか、子どもを守るために強くならざるを得ないんですよねぇ。

Posted by yahko at 2006-02-28 Tue 21:02
次項有ひろよしさん:
をを!お久しぶりです。お元気でしたか?やっぱ、自然が一番なのかもしれませんね。自然って、時折厳しいですけど、自然に逆らって幸せになれるとは思えません。(私見です)

Wow ! It's been a long time, hasn't it ? How have you been ? I think it's the most important thing to live naturally. Nature is sometimes strict with us but I don't think we'll be happy against nature. Just my opinion.

次項有yahkoさん:
何事も、「産みの苦しみ」って必要ですよね。お金でも、やっぱ苦労して稼いだら大事に使おうと思いますもん。(^^♪

Growing pains are important in all things. In the case of money, I usually spend it with caution if I earn it at pains.
Posted by Prowler7010 at 2006-03-01 Wed 05:56
こんばんは。久しぶりに主張を拝見(笑)
は〜、つわりがなければ子供をもう一人、ですか。少子化対策?・・・うーん、役人の感覚がわからん。
確かに、うちの会社でもつわりが重いかたはいらっしゃいましたが・・・

気分が悪いというレベルでなく、あまりのひどさに休職したり前倒しで退職したりせざるをえない女性もいらっしゃいますね。上のお子さんを残して入院した人もいました(友人で)。
そのあたりのハンディも込みで、「つわりがなければ・・・」という話なのかもしれませんね。
でもそれなら、産前の休職体勢を整えるとか、別の施策でカバーできることだと思います。
Posted by わたりとり at 2006-03-03 Fri 01:27
次項有わたりとりさん:
まいどです。(^^♪
医学的なことは、よくわかりませんが、あまり生命に関する技術が進み過ぎるのは、良くないと思うことがあります。人間が踏み込んではいけない領域って絶対あると思うんです。これだけ通信環境が整ってきたんですから、出勤しなくても在宅ワークでカバーできる仕事って多いと思うんです。(デスクワークの場合) ただ、自衛隊が問題になっているように情報流出に関するセキュリティ対策が必須ですけど・・・。

Thank you for your coming back. :-)
I really don't know about the details of medical science. I'm sometimes worried that it advances too much. I think there are absolutely some areas people shouldn't go into. Theses days we have some convenient environments - such as broadband communication technologies, so we can work at home in the case of deskwork. Of course it's important thing to assure the security of confidential information - for poor exmaple: Self-Defense Forces.
Posted by Prowler7010 at 2006-03-03 Fri 06:08
出生率確実下げているkikiです。
母は生みの苦しみもこえられるから強いのだとおもいます^^
私の場合は、生む時に問題が発生するので生めないてか作らないのですがね^^;

それから・・私のように仕事をしたい人にとってはまだまだ社会の目と環境が悪すぎです・・・かな^?
Posted by kiki at 2006-04-07 Fri 07:38
次項有kikiさん:
をを〜。お久しぶりです。(^^♪
まさに、女性に子供を生むと強くなりますよね〜。
仕事と子育て・・・まだまだ日本は両立後進国ですよね。一つの手として、核家族化が進んでいますけど、昔ながらの、どちらかの両親と同居する大家族(ウチもそうですが)なら、仕事もできる可能性大ですが、その反面、姑とのトラブルでストレスが溜まる?(笑)
Posted by Prowler7010 at 2006-04-08 Sat 04:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック